fc2ブログ
vsLinux は Linux の新しいデストリビューションです。 うそです。

ここは私の linux やネットワーク周りに関する知識の備忘録です。
virtual FDD
自宅にもlinux入れました。
今回も念のためにMBMのFD起動ディスク(MBMの記事)でマルチブート面でのトラブル対策しようと思ったんですが。メインがノートPCなんだけど、ノートにはFDD付いてないから無理なん。
それでFDイメージをCDに焼けたらいいなと思って探してみたら

ISOイメージが公開されてないDOSツールをCDブートで

しっかりありました!

任意のFDイメージをCDに焼く手順としてはこんな。


1. Virtual Disk Driver を使って仮想FDD作成(マイコンピュータにA:が出来る)
2. FDDをmakedisk(起動ディスク化する)
3. 後はてきとーに好きなファイル入れる
4. RawWriteWinを使ってFDDをイメージファイル化
5. FDイメージをISOイメージに変換するプログラムを使ってISOを作成
6. iso be 焼き!

ちょっとはしゃいでしまった。えっと、RawWriteWin使わずともVirtual Disk Driver 使えばイメージファイル化できるらしいんですが、なんかエラー出て上手く作れなかったので。

この手順で試しに MS-DOS + MBM installer 入れたCDを作成してブートしてみました。すげー。ほんとにブート出来た! CDがAドライブとしてブートした。

で、本題のMBMのディスケットイメージを同様にiso変換して焼いたところ、しっかりブートできました。
すんばらしい。一家に一枚って感じですか?(:->)


# windows2000でMS-DOS起動ディスクを作成する方法


2000のCD引っ張り出してきて


\VALUEADD\3RDPARTY\CA_ANTIV\makedisk.bat

実行すると生成される。
余計なファイル入ってるので、COMMAND.COM,config.sys,msdos.sys以外削除すれば生まれたままのMS-DOS起動ディスク完成。
スポンサーサイト



ブートマネージャについて
linux導入するにあたって WindowsXP とのデュアルブートにしたかったので、フリーのブートマネージャを使うことにしました。
調べてみるとほんと色々あるのね。
ブートに関して非常に詳しいページ見つけたので参考にしました。で

MBM

ってツールに決定。主な理由としては


・ディスケットイメージからブート出来る点
いきなりMasterBootRecord書き換えは恐いし…

・設定いらずな点
最初、高機能ってことでGRUBってマネージャ考えてたんだけど設定ファイル作るのめんどくさそうなのでやめました。

とにかく手っ取り早く出来るというツール(結局それか)。
でアーカイブDLして早速解凍してみると

afx!

って内容。mbm.comをシステムディスクにコピーすんのか?と思ってmbm.txt読んでみた。どうもmbm.comはHDDのMBRをいきなり書き換えるツールらしい…
じゃあディスケットイメージのアーカイブってどこだよ。と思ってネット上を探しまわったんですが…みつからん。てかどうも最初に落としてきた圧縮ファイルに入ってるらしい。じゃあmbm.comにそんなオプションあんのか?とか格闘。

imgってフォルダに入ってました(@@;
イメージファイルとその説明書が。しまった。よく見たらMBMのサイトにも書いてあるしな。
イメージはrawritewinというライティングソフト使ってディスケットに移しました。これはwindowsでlinuxフォーマット?のイメージファイルを焼けるツールみたい。

で完成。早速作ったディスケットからブートしてみる…

なんかたくさんメニューが出てきます。1.boot menu を選択するとPCにくっついてるHDDのパーティション一覧が登場。NTFSのパーティションがwindowsXPで、extがLinuxですな。ばっちりデュアルブート成功。


でこれが数ヶ月前…(笑
今はMBR書き換えてディスケットなしでブートしてます。フロッピーだとブート以外の機能あんま使えないし(パーティションの名前付けとか)。まあ安全確認の意味でディスケットブートは有意義でした。